自分のためは、人のための本当の意味とは?

自分のためは、人のための本当の意味とは?

私が提唱する【自分のためは、人のため】という言葉をよく皆様に伝えています。

これは単に自分がよくなるためには、他人のために行動しなさいと解釈する方もおおいのですが、実はもっと深い意味があります。

 

例えばですが正負の法則とか、天地の法則なんて言葉を聞いたことはありませんか?

 

物事には、言葉では説明できない法則というか、天界のルールというものが存在します。もちろん多くの方たちは、そのことを深く理解していなくてもいつの間にか、そうなっていたとかあるかもしれませんね。

 

まず下の内容をご覧になってください。

  • 自分のためだけに動く人には、協力者は全く現れず、自分だけしか動かない。
  • 他人のためだけに動く人には、他人のみが動く。
  • 自分と他人のために動く人には、自分と他人が動き、そして最後に神が味方する。


まずは、このことを頭にインプットしてください。
とても重要だからです。

 

 

 

 

関連記事

  1. 商売や仕事が上手くいっていません。どうしたらいいですか?

  2. よく厄とか天中殺(大殺界)とか聞きますが、実のところはどうなのでしょう…

  3. 保護中: ゴールデン虹色龍神さまとのやりとり気づかされたこと。

  4. こんなにも神様に祈ったのに・・・。

  5. 二極化の話

  6. 天職と適職の見分け方のコツ

  7. 人づきあいが下手です。どうすればいいですか?